忍者ブログ

ルイヴィトンスーパーコピーwww.yamada2017.com/saifu/vuitton

ルイヴィトンスーパーコピー激安:http://www.yamada2017.com/saifu/vuitton

舘鼻則孝、原始に立ち返る美の対話 

舘鼻則孝、原始に立ち返る美の対話  │ブランドコピーファッション情報 ロジェデュブイ スーパーコピー 【11月10日 MODE PRESS】現代美術家、舘鼻則孝(Noritaka Tatehana)の展覧会『呪力の美学』が東京青山にある岡本太郎記念館(Taro Okamoto Memorial Museum)を会場にスタートした。芸術家、岡本太郎(Taro Okamoto)のアトリエ兼住居でもあったその建物は、今なお太郎の息遣いを感じられるような生々しい空間だ。「太陽の塔(Tower of the Sun)」など数々の名作を残した太郎と、31歳にしてすでにファッションから現代アートまで幅広く活躍する舘鼻が対決するかのような今回の展示は、とても挑戦的で火花の散るような熱いコラボレーションとなっている。  舘鼻はレディーガガ(Lady Gaga)も愛用する「ヒールレスシューズ」などで知られるシューズデザイナーでもある。今回は靴をかたどったシルバーのオブジェなど舘鼻の得意ジャンルを生かした作品が、太郎の作品と対峙するような形で展示されている。この新たな試みに貪欲に取り組んだ舘鼻本人にその思いを聞いてみた。 舘鼻の代名詞ともいえるヒールレスシューズ(2016年11月2日撮影)。(c)Yoko Akiyoshi/MODE PRESS ■DNAのぶつかりあい  この展覧会は岡本太郎記念館の平野暁臣(Akiomi Hirano)館長の一存で決まったという。「2年前に熱烈オファーをいただいて嬉しかったし、自分のアトリエも近くなので非常に縁を感じた」。太郎が50年ほど生活したことで知られる同記念館に足を運ぶことも何度かあったという舘鼻は、「ここで展覧会を開くことは太郎さんとのコラボレーションのような感覚だった」という。いわゆるホワイトキューブのギャラリーとは趣を異にする場所で開催することには難しさも感じたと語る。「太郎さんが生きているかのようなこの空間で、どう作品を成り立たせるか、というのはとても悩ましい展覧会ではあった」  タイトルである『呪力の美学』は岡本太郎の著作『美の呪力』を踏襲したものだ。「美学」と付けたのは、太郎がどういうふうに考えていたかということを覗き込んでみたいという意識の現れだという。「太郎さんの作品から妖気のようなものを強く感じるし、その存在自体に影響を受けた。だから『同じテーマで作品を作ってみたらどうなるか?』とか『お互いのDNA同士が掛け合わさったときにどうなるか?』という感覚で考えてみた。それがここで展覧会をやる醍醐味だと思う」 岡本太郎のアトリエに佇む舘鼻(2016年11月2日撮影)。(c)Yoko Akiyoshi/MODE PRESS ■アートのしがらみを捨てて  展覧会のステイトメントでは岡本太郎を「プリミティブアートの象徴」と評した。太郎は縄⽂土器を研究するなど、原始美術にとても造詣が深い芸術家だった。「衝動に駆られて、手が動くまま物を作っていく感覚。太郎さんのそういう原始的なところが羨ましかった」と舘鼻は言う。「僕は現代美術家で、ある意味、ビジネスマンのようにマーケティングを考えないと生き残れない。でもそういうものを取り払ったときにどういう感覚に戻れるか。『この作品、売れるかな?』とか『この作品いくらにしようかな?』とかそんなことを考えない、高校生の頃の気持ちを自分で取り戻してみたかった」  またビジネスに捕らわれない表現という意味では、自身の母親からの影響も大きいという。「母は人形作家で、シュタイナー教育のウォルドルフ人形(Wardolf Dolls)を作っている。黙々と手を動かす姿を⾒ると、羨ましいなと思うときがある。アートじゃなくていいし、しがらみがない。僕はアーティストとしてアートを作らなくちゃいけないという使命感もあるし、世間から求められることが枷になることもある。今回、そういうものを取り払ったつもりでいろいろ作ってみて、観衆が楽しんでくれるようなものにはなったんじゃないかと思っている」 岡本太郎の「太陽の塔」のオブジェと並ぶ舘鼻(2016年11月2日撮影)。(c)Yoko Akiyoshi/MODE PRESS カルティエ スーパーコピー ■いつか画家になりたかった  自分にとっての制作は、コミュニケーションなのだと舘鼻は語る。「素材とのコミュニケーションでもあるし、お客さんとのコミュニケーションでもあるし、もちろん自分との対話でもある。僕は無口でおとなしい子供だったので、言葉を話すように物を作ることが小さな頃から身近だった」  これまで「ヒールレスシューズ」から文楽、フードディレクションまで幅広く手がけてきた。「挑戦できる機会があればなんでもやりたい」という思いで取り組んできたというが、本人によると「画家」こそが一番に憧れ、目指してきた姿なのだそうだ。「小さい頃から絵を描くのが好きで、美術の世界を志していた。だが美大受験の予備校に行ってみたら、自分が一番へたくそでショックを受けた。その挫折を引きずっているわけではないが、絵は表現として一番ストレートで純粋。だから画家という原点にいつかは戻りたい」  舘鼻則孝というアーティストは今後も自身の表現を突き詰め、世界との対話を続けていくのだろう。レディーガガも駆けつけたこの展覧会は来年3月5日まで開催。舘鼻本人を迎えたアーティストトークも実施されるので、この貴重な機会にぜひ足を運んでみてほしい。 舘鼻の展示作品(2016年11月2日撮影)。(c)Yoko Akiyoshi/MODE PRESS ■展覧会概要
「舘鼻則孝 呪力の美学」
会場:岡本太郎記念館
住所:東京都港区南青山6-1-19
会期:開催中~17年3月5日まで
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
料金:一般620円、小学生310円 ■関連情報
舘鼻則孝 公式HP:http://www.noritakatatehana.com/
岡本太郎記念館 公式HP:http://www.taro-okamoto.or.jp/
(c)MODE PRESS シャネルJ12 スーパーコピー
PR

コメント

プロフィール

HN:
www.yamada2017.com
性別:
非公開

P R